工房紹介

  • 「ささやき窯 楽友」
    工房を構えて10年が経ちました。 大井川流域の木材で建てた工房を訪れた方が、「木の香がするね。」と顔をほころばせて言ってくれます。緑輝く芝庭、緑樹の庭が目と心を癒してくれます。母屋に設けた第1ギャラリーとログハウス2回の第2ギャラリーには私の作品を展示し、販売もしています。                                                                                               陶芸教室に通う生徒さんたちのにこやかな笑顔と、楽しげな会話があふれる陶芸工房です。                                                             「体験陶芸」「教室入会者」募集中です。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。    春休み・夏休みなどの長期休暇には、「子供体験陶芸教室」も開講します。

結婚式で両親にプレゼント

  • 結婚式で手作りの器を両親にプレゼントしませんか。 結婚前に二人がする最初の共同作業です。両親への感謝の気持ちがいっぱい詰まった器が出来上がると思います。このブログ内のカテゴリー「結婚式:父母に贈り物を手作りで」をご覧ください。
無料ブログはココログ

« チュンさん | トップページ | 嗚呼!夫たるもの »

2011年4月24日 (日)

左手だけで

11422_001

 右手が動かなくなってしまった。10年前、脳梗塞を患った。言葉も失いどん底に突き落とされ、生きる気力もそぎ落とされた。そのご婦人が陶芸をやり始めた。必死のリハビリで歩行機能と言葉を回復し、再び生きる気力を取り戻したのだ。右手だけは全く麻痺して使えないが、既にささやき窯に通っているSさんと一緒に陶芸をやることを決意したのだ。

 不自由な身ながら、60を越えた今、彼女は一歩を踏み出した。今日で2回目だが、回が進むにつれて粘土扱いにも慣れてこよう。左手だけで生み出される彼女の作品が楽しみである。きっとみずみずしい作品を作り出すことだろう。

« チュンさん | トップページ | 嗚呼!夫たるもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519075/51474765

この記事へのトラックバック一覧です: 左手だけで:

« チュンさん | トップページ | 嗚呼!夫たるもの »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト