工房紹介

  • 「ささやき窯 楽友」
    工房を構えて10年が経ちました。 大井川流域の木材で建てた工房を訪れた方が、「木の香がするね。」と顔をほころばせて言ってくれます。緑輝く芝庭、緑樹の庭が目と心を癒してくれます。母屋に設けた第1ギャラリーとログハウス2回の第2ギャラリーには私の作品を展示し、販売もしています。                                                                                               陶芸教室に通う生徒さんたちのにこやかな笑顔と、楽しげな会話があふれる陶芸工房です。                                                             「体験陶芸」「教室入会者」募集中です。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。    春休み・夏休みなどの長期休暇には、「子供体験陶芸教室」も開講します。

結婚式で両親にプレゼント

  • 結婚式で手作りの器を両親にプレゼントしませんか。 結婚前に二人がする最初の共同作業です。両親への感謝の気持ちがいっぱい詰まった器が出来上がると思います。このブログ内のカテゴリー「結婚式:父母に贈り物を手作りで」をご覧ください。
無料ブログはココログ

« 愉しむ | トップページ | 生徒作品展初日 »

2016年9月12日 (月)

エル・パソ会

Dscf4642

Dscf4631教室生のHさんが、夫君と彼の会社の元同僚(既にリタイヤーしているようだから上司だったかもしれないが・・・)夫妻を連れて体験陶芸に訪れた。彼らは″エル・パソ会″という会の仲間という。エル・パソというのはアメリカテキサス州にある都市の名である。彼らの海外出張先がそこだったという謂れからそう名付けたようだ。

遠くは東京都東村山市や裾野市から、近くは藤枝市や牧之原市から来た彼らは、当工房で器作りに興じた後、焼津のホテルで酒を酌みあいながら想い出話に花を咲かせるのだろうか。

Dscf4627

Dscf46322時間余りかけて作り上げたのは、湯呑碗や飯茶碗、花型小鉢、マグカップである。中には定めた体験陶芸メニューにはない、酒器を作り上げた者もいた。皆さん手先が器用で、形がよく整っものに仕上がった。

口も手も良く動かし、時に笑い声を響かせながら、そしてちょっと緊張を伴う工程では真顔になって作っていた。童心に返ったような表情がとても印象的だった。

Dscf4629
                教室生のHさん

Dscf4626
    5㎜厚の長方形粘土板をクレイカッターでスライスしているところ

Dscf4636





« 愉しむ | トップページ | 生徒作品展初日 »

体験陶芸 雑記」カテゴリの記事

コメント

御世話になりました。作陶に向き合う秋の楽しい一時でした♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519075/64191714

この記事へのトラックバック一覧です: エル・パソ会:

« 愉しむ | トップページ | 生徒作品展初日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト