工房紹介

  • 「ささやき窯 楽友」
    オープンして9年が経ちました。 大井川流域の木材を使った、まだ木の香漂う工房です。緑輝く芝を通り、緑樹の下をくぐって工房にお入りください。母屋に設けたギャラリーでは私の作品を展示し、販売もしています。                                                                                               陶芸教室に通う生徒さんたちのにこやかな笑顔と、楽しげな会話があふれる陶芸工房です。                                                             「体験陶芸」「教室入会者」募集中です。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。    春休み・夏休みなどの長期休暇には、「子供体験陶芸教室」も開講します。

結婚式で両親にプレゼント

  • 結婚式で手作りの器を両親にプレゼントしませんか。 結婚前に二人がする最初の共同作業です。両親への感謝の気持ちがいっぱい詰まった器が出来上がると思います。このブログ内のカテゴリー「結婚式:父母に贈り物を手作りで」をご覧ください。
無料ブログはココログ

« 陶ひな人形展最終日 | トップページ | ある日の教室小景 »

2017年2月13日 (月)

横浜のお二人、電動ろくろで遊ぶ

大井川に架かる吊り橋(塩郷吊り橋)を見たくて、そして陶芸もしたかったので・・・。

日曜日に訪れた若きカップルは、早朝横浜を発ち、先ずは、ささやき窯で陶芸体験を楽しんだ。彼らが挑戦したのは「電動ろくろ」による湯呑碗と飯茶碗作りだ。手ひねりと比べ、一筋縄にはいかないのが電動ろくろである。

2017212_001

最初に、私がポイントを解説しながら手本を示す。

その後、ろくろ盤中心に置いた2キログラムの粘土塊に向かったお二人は、「難しい~」と言いながらも、彼は、飯茶碗、湯呑碗、ビアカップを、彼女は飯茶碗、小鉢2客、ビアカップを作り上げた。出来栄えは、上出来!

2017212_002
翌朝、ある程度乾燥したお二人が作った作品の削りをした。芯がしっかり出ていたのでとても削りやすかった。

2017212_002_2


2017212_005

ひいやりとした粘土、でも触り心地良い肌合いの粘土と戯れるお二人はとても楽しそうだった。子供のころの泥んこ遊びと通じるものがあったに違いない。2017212_006
2017212_003
遠くから来ていただきありがとうございました。

« 陶ひな人形展最終日 | トップページ | ある日の教室小景 »

体験陶芸 雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519075/64890227

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜のお二人、電動ろくろで遊ぶ:

« 陶ひな人形展最終日 | トップページ | ある日の教室小景 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト