工房紹介

  • 「ささやき窯 楽友」
    工房を構えて早10年になろうとしています。 大井川流域の木材で建てた工房は、未だに木の香が漂っています。緑輝く芝庭を通り、緑樹の下をくぐってお入りください。母屋に設けた第1ギャラリーとログハウス2回の第2ギャラリーには私の作品を展示し、販売もしています。                                                                                               陶芸教室に通う生徒さんたちのにこやかな笑顔と、楽しげな会話があふれる陶芸工房です。                                                             「体験陶芸」「教室入会者」募集中です。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。    春休み・夏休みなどの長期休暇には、「子供体験陶芸教室」も開講します。

結婚式で両親にプレゼント

  • 結婚式で手作りの器を両親にプレゼントしませんか。 結婚前に二人がする最初の共同作業です。両親への感謝の気持ちがいっぱい詰まった器が出来上がると思います。このブログ内のカテゴリー「結婚式:父母に贈り物を手作りで」をご覧ください。
無料ブログはココログ

« 休日のひと時をモノ作りで愉しむ | トップページ | 老いては子に・・・ »

2017年5月30日 (火)

歌を歌って

月一度の出張陶芸。デイサービス施設のお年寄りが楽しみに待っていてくれる。この日も16人が私たち夫婦を笑顔で出迎えてくれた。

いつものようにちょっとした話から始めるが、きょうは、鯉のぼりを揚げている家庭がとんと少なくなったという話をした。この施設がある相良地区もひとつも見ませんでしたよ、と言うと、すかさず、「この辺は月遅れだからね。まだ揚げちゃあいんかもしれんでね。」と90歳のおばあさんが言った。そして「柱の傷もおととしの、5月5日の鯉のぼり~」の曲をハーモニカで奏すると、お年寄りたちは大きな声で歌ってくれた。2番は、施設長の鈴木さんも歌の輪に招き入れて歌った。歌の上手な施設長の大きな声に導かれて皆さんもさらに元気な声を上げた。

「ふるさと」は施設長が指揮を執ると、一斉に彼の方に顔を向け、ひときわ口を大きく開いて歌った。

2017526_002
焼き上げて皆さんに手渡した象嵌小鉢。

2017526_003

それを手にして笑顔で写真に収まるみなさん。

2017526_005_2




« 休日のひと時をモノ作りで愉しむ | トップページ | 老いては子に・・・ »

出張陶芸教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519075/65347695

この記事へのトラックバック一覧です: 歌を歌って:

« 休日のひと時をモノ作りで愉しむ | トップページ | 老いては子に・・・ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト