工房紹介

  • 「ささやき窯 楽友」
    工房を構えて10年が経ちました。 大井川流域の木材で建てた工房を訪れた方が、「木の香がするね。」と顔をほころばせて言ってくれます。緑輝く芝庭、緑樹の庭が目と心を癒してくれます。母屋に設けた第1ギャラリーとログハウス2回の第2ギャラリーには私の作品を展示し、販売もしています。                                                                                               陶芸教室に通う生徒さんたちのにこやかな笑顔と、楽しげな会話があふれる陶芸工房です。                                                             「体験陶芸」「教室入会者」募集中です。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。    春休み・夏休みなどの長期休暇には、「子供体験陶芸教室」も開講します。

結婚式で両親にプレゼント

  • 結婚式で手作りの器を両親にプレゼントしませんか。 結婚前に二人がする最初の共同作業です。両親への感謝の気持ちがいっぱい詰まった器が出来上がると思います。このブログ内のカテゴリー「結婚式:父母に贈り物を手作りで」をご覧ください。
無料ブログはココログ

« ある日の教室風景 | トップページ | 新しい命と一緒に »

2017年7月30日 (日)

ある日の教室風景

Mさんが今作っているのは蚊取り線香用の容器。

彼女は2種類のそれを電動ろくろで挽いた。この日はやや乾燥した蓋を削り、形を整える作業をしていた。彼女は学生時代から合気道を続けていて師範並みを腕前らしい。

また、国内外の旅行を一人でするなど度胸のある女性でもある。つい先日はフィンランドまで出かけてきた。

2017628_002

教室に通い始めて間もないKさん。この日は紐作り技法でr作った花瓶の削り作業をした。

パンやケーキなど料理の腕前はプロ級だと聞く。それを盛る器はどういうものにするか。きっと彼女の頭にはさまざまな意匠があるに違いない。楽しみである。2017625_028

電動ろくろに向かっているのはMさんだ。彼女は陶人形やユーモラスな表情をした蛙の置物など、紐作り技法で作るのを得意としている。

この日は飯碗作りの練習をしていた。Mさんは、作りたい作品をスケッチブックに描き、それに基づいて作ることが多い。

作業テーブルで剣先を動かしているのはHさんだ。最近はたたら作りで小皿や角皿などを作っている。この日は箸置きなどの小物つくりに没頭していた。いつも笑顔のおおらかな女性だ。

2017628_039
Jさんは4枚の粘土板を貼り合せて作った壁掛け花器の仕上げをしている。

焼き上がったら杉板につけて壁に掛けるので、杉板を買ってきてバーナーで焼いて作っていた。

山歩きが趣味で、時々夫婦で山に入っていると聞いた。
2017628_026

« ある日の教室風景 | トップページ | 新しい命と一緒に »

陶芸教室雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519075/65601348

この記事へのトラックバック一覧です: ある日の教室風景:

« ある日の教室風景 | トップページ | 新しい命と一緒に »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト