工房紹介

  • 「ささやき窯 楽友」
    工房を構えて10年が経ちました。 大井川流域の木材で建てた工房を訪れた方が、「木の香がするね。」と顔をほころばせて言ってくれます。緑輝く芝庭、緑樹の庭が目と心を癒してくれます。母屋に設けた第1ギャラリーとログハウス2回の第2ギャラリーには私の作品を展示し、販売もしています。                                                                                               陶芸教室に通う生徒さんたちのにこやかな笑顔と、楽しげな会話があふれる陶芸工房です。                                                             「体験陶芸」「教室入会者」募集中です。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。    春休み・夏休みなどの長期休暇には、「子供体験陶芸教室」も開講します。

結婚式で両親にプレゼント

  • 結婚式で手作りの器を両親にプレゼントしませんか。 結婚前に二人がする最初の共同作業です。両親への感謝の気持ちがいっぱい詰まった器が出来上がると思います。このブログ内のカテゴリー「結婚式:父母に贈り物を手作りで」をご覧ください。
無料ブログはココログ

« 下見 | トップページ | ある日の教室 »

2017年7月20日 (木)

庭木はきれいになったけれど

伸びきった枝を切り払ってもらった。

庭木の剪定は、私がずっとやってきたが、剪定のノウハウが薄いため、いくつかの木をダメにしてしまったこともある。

そこで今年は、知り合いの、剪定技術を勉強した方にお願いした。彼は70歳の半ばというが、背筋がピンとし、身のこなしが若々しいので、まさかその歳とは思えなかったほどだ。

仕事も早くて丁寧。お願いした本数を剪定するには1日はかかるだろうと踏んでいたが、午後の早いうちに終えてしまった。

剪定が終えたころ、私が仕事場から出ていくと、彼は「樫の木に鳥の巣があって、卵が4個あったから、そこだけ枝を切らずに残しておきました。」と言って、脚立を樫の木の脇に立てかけてくれた。

脚立に上り、巣を覗き込むと、確かにウズラ大の卵が4つ寄り添っていた。何という鳥が産んだのだろうか。

2017719_005

彼は言う。おそらく親鳥はもうこの巣には近づかないだろう。

2017719_001
2017719_003


翌朝、親鳥が来ているか巣を見上げて確かめた。巣はシンとしていた。

このままにしておけば孵化しない。どうしたものか。

庭木はすっきりときれいになったが、鳥さんにはたいへん申し訳ないことをした。ごめん。

« 下見 | トップページ | ある日の教室 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519075/65563332

この記事へのトラックバック一覧です: 庭木はきれいになったけれど:

« 下見 | トップページ | ある日の教室 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト