工房紹介

  • 「ささやき窯 楽友」
    工房を構えて10年が経ちました。 大井川流域の木材で建てた工房を訪れた方が、「木の香がするね。」と顔をほころばせて言ってくれます。緑輝く芝庭、緑樹の庭が目と心を癒してくれます。母屋に設けた第1ギャラリーとログハウス2回の第2ギャラリーには私の作品を展示し、販売もしています。                                                                                               陶芸教室に通う生徒さんたちのにこやかな笑顔と、楽しげな会話があふれる陶芸工房です。                                                             「体験陶芸」「教室入会者」募集中です。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。    春休み・夏休みなどの長期休暇には、「子供体験陶芸教室」も開講します。

結婚式で両親にプレゼント

  • 結婚式で手作りの器を両親にプレゼントしませんか。 結婚前に二人がする最初の共同作業です。両親への感謝の気持ちがいっぱい詰まった器が出来上がると思います。このブログ内のカテゴリー「結婚式:父母に贈り物を手作りで」をご覧ください。
無料ブログはココログ

« 2017年7月2日 - 2017年7月8日 | トップページ | 2017年7月16日 - 2017年7月22日 »

2017年7月9日 - 2017年7月15日の2件の記事

2017年7月13日 (木)

ちょっと立ち寄った菓子会社の社員

黒のズボン、白のワイシャツ姿の3人の男がやってきた。何かのセールスだろうか、ちょっと身構えて工房から出た。

「ギャラリーを見せてください。」

年配の男が言った。

「仕事途中ですか。」と私が聞くと、そのようで、時間が余ったので立ち寄ったのだという。

ギャラリーで私の作品を観ながらその男が言った。「いいなあ、俺も窯を買ってやりたいなあ。いいぞ陶芸は。」

20代と思われる男と40代と思われる男が笑顔で頷く。年配男のやや尊大な言動と、他の男たちの様子から上司と部下の関係なのだと見て取れた。


それとなく聞くと、会社の製品売り込みの商談のため、年配男は三重県から、他の2人は愛知県から来たのだと話した。

面白そうなので工房にも招き入れ、「時間が許すならお茶でもどうですか。」と言うと、年配男が一番若い男に、「お菓子を持ってきなさい。」と指示を出した。

若者が大きな紙袋を提げて戻ってきた。年配男が、どうぞ、と言って私に手渡した。こんなにも、と驚きながら紙袋の中をのぞくと、見慣れたお菓子があった。

彼らはこの有名なお菓子を作っている会社の人たちだったのである。

2017年7月10日 (月)

めっちゃ楽しい!

201779_012

201779_010


静岡市清水区から電動ろくろ体験をしに来てくれたお二人です。

「めっちゃ楽しい~!」と言いながら慣れないろくろ挽きに挑戦したYさんとTさん。

飯碗や湯呑碗、そしてYさんはおじいちゃんのために、ぐい呑みも作りました。

下の写真は、翌朝削りを終えたおふたりの作品です。

湯呑碗は高台を少し高めにしてみました。

201779_016_2
              Yさんの作品
201779_014              Tさんの作品
201779_008



Tさんは兵庫県から来て静岡の大学に通っている学生です。Yさんはちょっと年上。

彼女は笑顔で、「ビビってる。ビビってるぅ~。」と言いながら、Tさんが戸惑いながら作っている横で見守ります。彼も言いました。「僕、ビビり屋だから。」

201779_001
 「土殺し」をしているところ。電動ろくろで最初に行う作業です。
      201779_002
201779_009


      
あれもやりたい、これもやってみたいと話す、なかなか好奇心旺盛な若者でした。

「近かったら教室に通うのに・・・。」「作品出来上がるのすごく楽しみです。」そう言って帰っていきました。遠くからおいでいただきありがとうございました。

« 2017年7月2日 - 2017年7月8日 | トップページ | 2017年7月16日 - 2017年7月22日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト