工房紹介

  • 「ささやき窯 楽友」
    工房を構えて10年が経ちました。 大井川流域の木材で建てた工房を訪れた方が、「木の香がするね。」と顔をほころばせて言ってくれます。緑輝く芝庭、緑樹の庭が目と心を癒します。母屋に設けた第1ギャラリーとログハウス2回の第2ギャラリーには私の作品を展示し、販売もしています。                                                                                               陶芸教室に通う生徒さんたちのにこやかな笑顔と、楽しげな会話があふれる陶芸工房ささやき窯。                                                              「体験陶芸」「教室入会者」募集中です。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。    春休み・夏休みなどの長期休暇には、「子供体験陶芸教室」も開講します。

結婚式で両親にプレゼント

  • 結婚式で手作りの器を両親にプレゼントしませんか。 結婚前に二人がする最初の共同作業です。両親への感謝の気持ちがいっぱい詰まった器が出来上がると思います。このブログ内のカテゴリー「結婚式:父母に贈り物を手作りで」をご覧ください。
無料ブログはココログ

カテゴリー「体験陶芸 雑記」の357件の記事

2018年2月19日 (月)

頑張れ若者

電車、そして徒歩でささやき窯まで足を運んでくれたのは、高校生のNさんとTさんです。お二人は高校3年生。すでに卒業試験も終わって、卒業後の準備期間に入っています。3月1日の卒業式までの間、さまざまな準備をしつつ、高校時代最後の思い出作りにと、わざわざ浜松から来てくれました。

2018217_011
お二人が作ったのは飯碗と湯呑碗。互いの出来を意識しながら作っていました。

2018217_002
目前に置いた手本の湯呑碗のフォルムを目指して作るも、なかなかその形にならず、底が広がってしまいます。修正方法を手ほどきすると、すぐにそれなりの器に仕上げました。覚えの速さは流石に若者です。

2018217_004
2018217_007
最も緊張する口縁の凹凸を平らに切り取る作業では、互いに協力し合い、口縁を壊すことなく見事に切り取ることができました。

中学・高校共運動部で鍛えた集中力がここに生かされたようです。

2018217_010
卒業後、愛知県の同じ会社で働くというNさんTさんは、きっと良き友達として、また磨きあう良きライバルとして成長していくに違いありません。頑張ってください。遠くから来てくれてありがとうございました。





2018年2月16日 (金)

楽しく作る

手ひねりで成形した2組の湯呑碗&飯碗。

これらはNさんとKさんが陶芸体験で作ったものです。

2018215_004

お二人は、教室生のSさんが連れて来てくれました。Nさんは高校時代の友人で、ささやき窯の展示会にはよく足を運んでくれる方です。KさんはNさんのご近所さんとか。東京から移り住んで40年以上が経つというKさんは、「わたしゃあ、こっちに来てすぐに静岡弁に染まっちゃってね・・・・。」などと話していました。

2018215_001
2018215_002


お二人は手指の動きと同じくらいおしゃべりしながら、楽しそうに作陶していました。




2018年2月14日 (水)

お腹の赤ちゃんと一緒に

2018210_007
肩並べ、仲良くマグカップを作っているのは、浜松から来てくれたTさんご夫婦です。

2018210_002
カップ成形の工程一つ一つを、夫君のYさんは慎重にかつ丁寧にやっていました。奥さんのMさんは、エイヤー、といった感じで作ります。

私が、「MさんはO型でしょ?!」というと、「その通り。当てられちゃった。」とMさん。

夫婦のこうしたアンバランスさが作品に反映されるのは面白いものですし、個性的な作品を生み出します。

2018210_008

2018210_009
成形した胴部に、Yさんは自分の名前を彫りこみました。親からもらった名前がとても好きなので、とMさんが教えてくれました。

2018210_004

2018210_010
共働きのご夫婦だが、食事の支度や片づけ、奥さんのお弁当作りなどは夫君がするのだとか。そうそう、買い物もYさんが。そんな夫君を見初めたMさんが言っていました。

神が降りてきたみたい。私、この人がいないと生きていけません。

お二人は4月になると、お父さんお母さんになります。Mさんのお腹には小さな命がいるのだと、両手をお腹に触れながら教えてくれました。

お腹の赤ちゃんもきっと一緒に陶芸を楽しんでくれたに違いありません。








2018年1月29日 (月)

日曜のひと時 陶芸を楽しむ

日曜日の午後の部には、電動ろくろと手ひねり体験の方3人が、粘土遊びを楽しまれました。

御前崎市から来てくれたT&Oさんカップルは電動ろくろに挑戦です。

2018128_020
2㎏ほどの円錐形粘土塊をろくろ盤中心に据え、先ずは「土殺し」に挑んでもらいました。

粘土塊を両手で挟み、力を込めて挽き上げたり、押し下げたりしながら粘土塊の芯出しをする作業ですが、粘土がなかなか作り手の言うことを聞いてくれません。難しいけれども、これが面白さの一つでもあります。初心者にとって、芯出し後の作品作りもなかなか自在にできないものですが、アドバイスをしっかりと受け止めたお二人は、飯碗と湯呑碗を上手に挽き上げました。

2018128_009
2018128_003

2018128_010


島田市のYさんは小鉢を2客作りました。

2018128_017_2

700gほどの粘土塊を2等分してからスタートです。

粘土板上に置いた粘土を手のひらで押しながら少しずつ円形に広げ、直径20センチほどにします。厚さを均一にするために、5m厚の板をそれの両側に置き、伸ばし棒でさらに押し広げます。根気のいる作業ですが、夢中になれて面白かったのではないかと思います。

2018128_002
2018128_004

円形粘土板を型紙に合わせて切り取りったら組み立てます。Yさんは器用に手指を動かして小鉢を作り上げました。

以前から陶芸をしたいと思っていたというYさんは、今回の体験を機に、多忙な日常の中であってもできる限り自分の時間を持ちたいと話していました。

どうぞまた時間を見つけてやりに来てください。お待ちしています。

2018128_015

2018年1月24日 (水)

助け合って作る

愛知県から来てくれたお二人です。

2018124_016

大茶園広がる牧之原台地の一角にある茶処に立ち寄ったり、県外人に人気だという静岡県にしかないファミリーレストランでハンバーグを堪能したりしてからささやき窯に足を運んでくれました。

2018124_005

お二人が挑戦したのは、飯碗&湯呑碗。

2018124_009_2
    協力し合うおふたり2018124_013_2

手本の器を前にして、それを目指しながらも、湯呑碗ならぬ、小鉢風になってしまったり、傾いてしまったりと悪戦苦闘したお二人でした。が、最後には写真のように、立派な飯碗&湯呑碗を成形し終えました。

互いに手助け合った賜物かもしれません。

2018124_014
口縁になめし皮を当てて仕上げる最後の工程も、ほら、ご覧のように助け合っていました。

遠くから来ていただいてありがとうございました。

外は強い寒風が吹き荒れていましたが、工房は作陶を楽しむ皆さんの熱気で温かく感じました。

2018124_008

2018年1月17日 (水)

親子で楽しむ

2018114_017


家族それぞれが好みの大きさに仕上げた飯碗と湯呑碗を前に写真に収まりました。

小学4年弟が作ったものも、中学1年のお兄さんやお母さんたちと引けを取らない器です。子供らしい迷いのない作りっぷりでした。

2018114_008
落ち着いて丁寧に作業を進めたお兄さんの器も、形の整った素晴らしい出来栄えでした。

大人たちも楽しげに作っていました。

2018114_004

2018114_012





2017年12月23日 (土)

楽しく作る

20171223_012
笑顔で陶芸体験を締めくくってくれたのは、大学時代の同期生という爽やかカップルのSさんとTさんです。Sさんは湯呑碗2客を、Tさんは湯呑碗&飯碗を作り上げた。

20171223_010

5時間後、胴部を削り、高台を削りだしたお二人の作品。

    これはSさんが作った湯呑碗だ。20171223_014

 そしてこちらがTさんが作った湯呑碗と飯碗である。

20171223_013

それぞれ口縁の凹凸をそのまま残したものと、平らに仕上げたものを作った。目前に置いた手本の湯呑碗を目指して作り始めたものの、なかなかその通りにはいかず、悪戦苦闘したお二人。でも最後にはこの通り使えそうな器が完成した。

20171223_007
楽しかった、と嬉しそうな表情で感想を言ってくれたSさんとTさん。

教える側にとって何よりの嬉しい言葉でした。

ありがとうございました。20171223_008

20171223_009






2017年11月29日 (水)

楽し気に

20171125_011
Sさんはマグカップ&スプーンを、Aさんは湯呑碗を作りました。

20171125_001
それぞれ別の作品を作りながらも、気になるのか、時々互いの進み具合を覗いては、微笑んだり、「なにそれ~。」と言いながら笑ったりしていました。

早めにマグカップを作り終えたSさんは、口縁を平らに整える″縁切り″の手助けをします。難しい工程ですが、二人は楽し気にやり終えました。Aさんの横で成形していた教室生のMさんが、がんばって!といった表情でその様子を見守っていました。

20171125_004
20171125_009





2017年11月20日 (月)

楽しく作る

7人が静岡市内から陶芸に来てくれました。4歳前後の女の子3人も一緒です。一組は双子ちゃんです。幼いながらもお母さんたちにほとんど甘えることなく最後までやりきりました。

20171118_002_2

みなさんが作ったのはマグカップ&スプーン。

20171118_015

子供たちはカップ胴部に絵を描く段になると、俄然生き生きと手指を動かしていました。

子供も親たちも楽しそうに作っている姿がとてもいいなと思いました。

お母さんたちは自分の作品つくりに夢中になっていたこともあってか、わが子に過度の手出しはしません。それがいいのです。子供の成長を促す親の心得でもあるのですから。

20171118_003

20171118_007

遠方から来ていただきありがとうございました。出来上がりを楽しみにお待ちください。

2017年11月17日 (金)

明るく素直な青年来る

Hさんは、型紙に合わせて粘土板を着る作業も、空き缶にそれを巻きつけ貼り合せる工程もとても器用に指を動かし丁寧にやっていました。そして完成させたのが彼が持っているマグカップです。

20171116_015

明るく素直なこの青年が陶芸をしに来るきっかけとなったのが、先ごろ開催した展示会の折りに来てくれたお母さんと会話を交わしたことでした。

その時お母さんは、今休業中のわが子(Hさん)に陶芸をやらせてみたいという思いを述べられ、数日後にはHさんを連れて再び展示会に顔を見せました。お母さんはHさんにささやき窯の場所と雰囲気を知らせると共に、私と合わせることによってここでの陶芸にスムーズに入らせようと配慮したのでしょう。

20171116_012_2
20171116_009

Hさんは、同じテーブルで制作している年輩教室生から「すごい上手だね。」「そこのところいいねえ。」などと声をかけられると、嬉しそうな表情を見せながら2時間余りの作陶に没頭していました。

Hさんは来週からここの教室生として月に2回通うことになりました。明るい表情と素直さをもったHさんだから、きっと先輩教室生の人気者になると思います。

より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
フォト