工房紹介

  • 「ささやき窯 楽友」
    工房を構えて10年が経ちました。 大井川流域の木材で建てた工房を訪れた方が、「木の香がするね。」と顔をほころばせて言ってくれます。緑輝く芝庭、緑樹の庭が目と心を癒してくれます。母屋に設けた第1ギャラリーとログハウス2回の第2ギャラリーには私の作品を展示し、販売もしています。                                                                                               陶芸教室に通う生徒さんたちのにこやかな笑顔と、楽しげな会話があふれる陶芸工房です。                                                             「体験陶芸」「教室入会者」募集中です。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。    春休み・夏休みなどの長期休暇には、「子供体験陶芸教室」も開講します。

結婚式で両親にプレゼント

  • 結婚式で手作りの器を両親にプレゼントしませんか。 結婚前に二人がする最初の共同作業です。両親への感謝の気持ちがいっぱい詰まった器が出来上がると思います。このブログ内のカテゴリー「結婚式:父母に贈り物を手作りで」をご覧ください。
無料ブログはココログ

カテゴリー「自宅ギャラリー展示会雑記」の207件の記事

2017年11月 2日 (木)

生徒作品展の準備は完了

この日夜遅く、生徒作品を第2ギャラリーに展示し終わりました。

1人当たり最低5点を持ってきてもらったので、およそ250点の作品が並びました。今年一年かけて作った生徒たちの作品がずらりと揃うととても素晴らしいなと、教える立場ながら見惚れてしまいました。

2017111_001_2
2017111_002
2017111_003
2017111_004_2
2017111_005_2
さて、私の作品陳列はというと、まで出来ていません。新作第2弾の窯焚きが終わっていないからです。展示会前日に窯出しできるので、なんとか間に合いそうですが。




2017年11月 1日 (水)

展示会準備完了

展示会準備ほぼ完了です。

今年は生徒作品展を第2ギャラリーで行うため、展示棚を作りました。私自身の作品制作、窯焚き、搬入された生徒作品の整理、そして完成した棚に陳列する作業、名札作りなど妻と二人三脚で夜遅くまで取り組みました。

       制作中の棚

2017111_004
2017111_005
窯焚き中。還元焼成で18時間焼きました。2017111_001

完成した棚を第2ギャラリーに運び込んで、生徒作品を仮陳列。2017111_007
2017111_006





2017年10月26日 (木)

ささやき窯うつわ展

「ささやき窯うつわ展 ~ムラマツヒロヨシとせいとたち」を開催します。

今年は陶芸教室生徒作と私の作品展を同時開催します。

Img002_2

教室生40人が今年作り上げた作品を、各自5点ほど出品しますので、約200点の力作が並びます。

私の作品は新作を含め、約100点を展示します。

       開催期間   11月3日 ~ 11月12日

       会   場   ギャラリー楽友

                静岡県島田市金谷猪土居2803-5

                電話 0547-46-2031

       時   間   10時 ~ 午後4時



2017年2月12日 (日)

陶ひな人形展最終日

2017212_008


5日から開催していた「陶ひな人形展」が終わりました。

開催期間中の8日間、会場の“煎茶茶房アトリエえん”には、連日切れ目なくお客さんが来てくれました。ありがとうございました。

最終日の今日、お見えになったお客さんの中に、島田市出身の俳優、別所哲也さんのお母さんがいました。帽子をかぶった粋な服装の女性でした。私の好きな俳優のお母さんと会えて感動してしまいました。彼女は作品をよーくご覧になり、かわいいねえ、いいねえなどと、一緒に来ていた年輩女性と言い合ってるのが聞こえてきました。展示会場の一角に据えた椅子に座って、しばらくお二人と歓談しました。個展最終日、ちょっと嬉しい出来事でした。

19日(月)からは、ささやき窯 ギャラリー楽友にて再び「陶ひな人形展」を、3月20日(月)まで開催します。

2017212_013

2017212_010
2017212_003
2017212_012






2017年2月 4日 (土)

展示し終える

昨日は雛人形を搬入し、おおざっぱに陳列しました。今日は、飯碗などの器類や壁掛け花器などをいくつか持ち込んで並べました。明日からの、ささやき窯 「ひな人形展」の準備が完了しました。

今日の土曜日は、「大井川川越遺跡街道」の風情ある町並みには大勢の人たちが歩いていました。展示会場、「アトリエえん」の東端にある島田市博物館では『スペシャル企画展 島田の刀鍛冶と天下三名槍』が行われていて、刀剣女子などが足を運んでいたのでしょう。


ひな人形展を行う、「煎茶茶房 アトリエえん」の外観

201722_027
入口に置いた看板

201722_030

ささやき窯 ひな人形展

 期日    2月5日(日)~2月12日(日)

 会場    煎茶茶房 アトリエえん

 
展示準備を終え、ほっと一息つくために立ち寄ったのは、街道沿いの茶店「芭蕉庵」。そこではちょうどギターの弾き語りをしていました。コーヒーをすすりながらやさしい歌声に耳を傾け、癒されました。

201722_033
大井川川越遺跡街道

201722_031



2017年2月 2日 (木)

展示作品完成

ようやく予定していた雛人形の全てが焼きあがりました。窯から出したのは夕闇迫る頃でした。

201723_015

その夜、それらを部屋にずらりと並べ、女雛・雄雛を合わせ、台座に乗せ、屏風や桜橘、雪洞なども組み合わせてから値付けなどを行い、搬出のための荷造りを遅くまでかかって行いました。明日それらを展示会場の「煎茶茶房 アトリエえん」に搬入し仮展示します。

焼きあがったばかりの雛人形。今回作った中で最大のものです。60㎝×30㎝の長い台座に乗せ、風に流れる桜を描いた屏風を添えました。

201723_002
201723_003
201723_004
201722_017

201722_008
201722_014







2016年12月31日 (土)

陶ひな人形展

Dscf5513
年明け2月5日から12日の8日間開催する「陶ひな人形展」に向けて、陶芸教室終了した翌日の26日から、新作を集中的に制作していました。もちろん、その前から時間を見つけては作ってはいたのですが、陶芸教室や体験陶芸の指導に当たりながらのため、なかなかはかどりませんでした。26日から30 日までの5日間、夜遅くまで制作に没頭することができました。時に、昼食や夕食がずれ込んだり、時には昼飯を抜くことも、夕飯が10時になることもありました。たまたま顔を見せた教室生のご婦人から、「先生、あまり根を詰めすぎないようにね。」と注意されてしまいました。

昨年の今頃、やはり雛人形作りに夢中になるあまり、体調を崩したということがあったから、それを知っている生徒さんが心配してくれたのでした。

大晦日前にやっとひと段落できました。あとは、年明け後に素焼き、色付け、本焼き作業を重ねて展示会に間に合わせようと思います。 開催場所は、 「煎茶茶房アトリエえん」 です。 大井川川越遺跡町並の一角にあるアトリエです。 /p>

成形し終えた人形たち

20161231_001

20161231_003

20161231_004

20161231_006

20161231_005

20161231_009

                  

           

2016年11月14日 (月)

ご来場ありがとうございました

8日間の展示会が終了しました。この間、良い天気に恵まれたお蔭で200人ほどの方が足を運んでくれました。私の拙い作品にもかかわらず、熱心に観ていただきとてもありがたく思いました。この日に向けて手入れした庭も、作品と同様「いいね」とほめていただきました。この言葉と、来場者のみなさんと交わす会話が何よりの喜びでした。ありがとうございました。

後半の3日間行った近隣作家と地元茶農家とのコラボレーション「里山アート紀行」は、新聞に掲載されたこともあり、多くの方が来てくれました。

中日新聞(11/12朝刊)に掲載された記事

2016917_084

2016年11月12日 (土)

個展作品紹介 3

第一ギャラリーに展示した作品をもう少しご紹介します。

    金属的な肌合いのカップ類。金色が現れる釉薬を施してあります。

2016917_097

呉須(酸化コバルト)を上半分に濃淡をつけて塗り、下方には薄めの織部釉を施したカップです。

2016917_099

イラボの釉薬をかけた片口や湯呑碗。

2016917_102 2016917_104 2016917_101

新作の小ぶりのランプシェードも展示しました。

2016917_086 2016917_088 2016917_091

花火をイメージしたランプ。2016917_094 2016917_023

音符が壁に投影するランプ。

2016917_027

2016年11月11日 (金)

里山アート紀行に合流

今日から「里山アート紀行」に合流です。これは近隣で活動する工芸作家などと同時開催する展示会です。これには地元茶農家も参加し、各工芸作家の工房やギャラリーで自慢のお茶を淹れてお客さんに振る舞います。

お茶を振る舞うのは、ここ、ささやき窯工房。

2016917_061

2016917_062

諏訪原園の自慢の各種お茶が工房に並べられています。

2016917_067 2016917_021

2016917_023

初日の今日は、前夜の冷たい雨も上がり、気温やや和んだお蔭か、開催と同時に次々とお客さんが訪れました。狭いながらも、皆さんは母屋の玄関ギャラリー、かつて私の書斎だった部屋を改修した第一ギャラリー、母屋前のログハウス2階の第2ギャラリーに足を運び作品に見入っていました。そして地元茶農家の諏訪原園(鈴木すすむさん)が淹れるこの上なく美味しいお茶に酔いしれて次の会場へと向かっていきました。

    

      第一ギャラリー

2016917_054_2 

          玄関ギャラリー

2016917_059

          

           第2ギャラリー

2016917_078 2016917_083

2016917_057_2

ワイヤーアートを手掛ける息子(“みかんのぺんき” という作家名で活動中)のワイヤーアート作品も展示しています。

2016917_064_2 2016917_066

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト