工房紹介

  • 「ささやき窯 楽友」
    工房を構えて10年が経ちました。 大井川流域の木材で建てた工房を訪れた方が、「木の香がするね。」と顔をほころばせて言ってくれます。緑輝く芝庭、緑樹の庭が目と心を癒してくれます。母屋に設けた第1ギャラリーとログハウス2回の第2ギャラリーには私の作品を展示し、販売もしています。                                                                                               陶芸教室に通う生徒さんたちのにこやかな笑顔と、楽しげな会話があふれる陶芸工房です。                                                             「体験陶芸」「教室入会者」募集中です。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。    春休み・夏休みなどの長期休暇には、「子供体験陶芸教室」も開講します。

結婚式で両親にプレゼント

  • 結婚式で手作りの器を両親にプレゼントしませんか。 結婚前に二人がする最初の共同作業です。両親への感謝の気持ちがいっぱい詰まった器が出来上がると思います。このブログ内のカテゴリー「結婚式:父母に贈り物を手作りで」をご覧ください。
無料ブログはココログ

カテゴリー「教室生徒作品」の61件の記事

2014年9月 7日 (日)

ささやき窯 楽友陶芸教室 第5回生徒作品展

第5回生徒作品展を下記の通り開催します。

     開催期間  10月11日(土) ~ 13日(月)

     会   場  ささやき窯 ギャラリー楽友

         ※アクセス ささやき窯ホームページから

     時   間  10:00 ~ 16:00

Img004

静岡新聞 SBS アット・エス(@S)の「おでかけイベント」にも掲載中です。




教室生が今年作った作品です。展示会のため特別作ったというものはほとんどなく、日頃作りため、食卓で、あるいは玄関の靴箱の上で使っていたものなどを中心に展示します。

器類だけでなく、陶人形など様々な種類の作品が並びます。お楽しみください。

2014年4月 5日 (土)

生徒新作紹介 9

茶香炉を作ったのは、70歳になったKさんである。灰受け皿と茶葉を入れる皿はお茶の葉っぱを模したものだ。緑の色合いも濃淡で区別した。

Dsc05540_2

Kさんは黒泥という粘土で飯茶碗を作った。器の内側と、外側に白化粧泥を 塗った。彼女はいつも何を作ろうかとよく考えてくる。どこかに出かけた折には、気に入ったデザインの器などがあると写真に撮って来る。それを参考にしながら作るのも彼女にとって楽しみの一つだ。

Dsc05534

Dsc05535

2014年3月31日 (月)

生徒新作紹介 8

Sさんの作品。まだ基礎練習中の彼女が作ったのは、紐作りの径21㎝の鉢2種です。ひとつは、器胎に塩化コバルト溶液で鮮やかなブルー、他は釉薬で赤色の模様をつけました。

Dsc05542

Dsc05544_2

Dsc05545

Sさんと高校時代の同級生だったYさんも、紐作りによる、やはり径20㎝ほどの鉢を作りました。ひとつめの鉢は織部釉を、他はルリナマコ釉を施しました。

Dsc05547

Dsc05546

Dsc05549

2014年3月30日 (日)

生徒新作紹介 7

Mさんの電動ロクロ作品。口縁部が薄く、器胎には針などで絵や文字を線刻し、その溝に色化粧土を埋め込む象嵌が特徴の作品です。

Dsc05523

Dsc05524

Dsc05530

Dsc05531

Sさんのたたら作りの長方皿・四方皿・丸小皿 です。弁柄でサッと筆を走らせて模様を描きました。

Dsc05537_2

Dsc05538

2014年3月25日 (火)

生徒新作作品紹介 6

 通い始めて間もないJさんはとても器用でセンスがいい。この雛人形は先月初めに作り、つい先日焼きあがった。その後彼女は 5月人形も作っている。

Dsc05479Dsc05480

 

 Tさんが作ったビアカップ。それなりの腕前にならないと、電動ろくろで高さのある器を挽き上げるのは難しいが、彼女は出来るようになった。

細かな泡が立つように内側の施釉はほどほどにし、外側はタンパン(硫化銅)のポイントをあしらってから黄瀬戸釉に浸した。夫君と自身の、“夫婦ビアカップ”である。既に持ち帰ったので、きっと二人で乾杯したかもしれない。

Dsc05478

これは4歳の女の子が作った猫である。座り猫の胸と左の寝そべり猫の前足にはリボンを付け可愛らしさを出した。

幼い子供ながら実に器用な手つきで作り上げた。

Dsc05487

2014年3月 9日 (日)

生徒新作品紹介  5

Dsc05367Dsc05365

鞄と花束、大小の椅子。これらは家をイメージした大型の作品の一部である。教室に通い始めて5年以上のKさんの作品だ。彼女は毎年一つはこうしたオブジェを作る。

Dsc05360

Tさんは娘さんの依頼でコーヒーカップを作った。彼は、時には奥さんから、あるいは知人から頼まれて大皿や鉢などを作る。 いつも緻密で丁寧に作る生徒さんだ。

2014年3月 8日 (土)

生徒新作品紹介  4

Dsc05351

Dsc05354Dsc05356

 遠く静岡市内から通っているOさんの手びねり作品。彼は地元の陶芸教室に通いながらも私の教室にも足を運ぶとても陶芸熱心な男性だ。家でも時間を見つけては作陶し、毎回のように乾燥作品を持参する。これもそ中の一つである。粘土をつまむ指先の感触が研ぎ澄まされ、ほぼ均一な厚さの器を作れるようになった。今年からは電動ロクロの練習に入っている。

Dsc05362

Dsc05364

Mさんの電動ロクロ作品。よほど作りこまないと同型の作品を作ることが出来ないが、彼女はそれを目指してコーヒーカップに挑戦した。同じ大きさのカップを4客作ることができた。

口元を締めた袋物の練習の一つとして、ミニ一輪挿し作りにも挑んでいる。

2014年3月 6日 (木)

生徒新作品紹介  3

Dsc05346_2

Sさんの木の葉型箸置きは。 12個作った。知り合いにプレゼントするのだとか。

Dsc05348

Yさんは紐状の粘土を交差させたリボン風箸置き。 赤の花飾りがポイントだ。

Dsc05358

“卵”を作ったのはKさん である。 これらはオブジェとして机などに据えるのだそうだ。

2014年3月 2日 (日)

生徒新作品紹介  2

Dsc05337Dsc05338

Sさんは独身のまだ若き女性だが、昭和時代の素朴で質素な雰囲気が好みのようだ。彼女が作る器には、かつて住んでいた家の中を描くことがよくある。裸電球、薄汚れた壁、少し朽ちかけた階段などだ。今回は壁に立てかけたチェロと猫を付け加えた。コーヒーカップ&ソーサーである。

Dsc05341

Dsc05344

造園業を営むAさんが好んで描くのは 椿である。以前、大きめの楕円皿一面にそれを描いたが、今回は径8㎝ の小皿の内側と側面に描いた。思い切りのいい彼女は、下書きもなしに、筆に薄目の呉須(酸化コバルト)にを含ませて10枚の小皿に 一気に描ききった。

2013年9月 2日 (月)

第4回生徒作品展お知らせ

 今年で4回目となる生徒作品展に向けて準備中です。生徒さんたちは今年作りためた作品の中からこれぞというものを出品してくれるのですが、それでは物足りないと言う生徒さんが追い込み制作に入っています。PR用のポストカードも出来上がりました。近隣の商店などにお願いして置かせてもらったり、生徒さんたちが手分けして友人知人に配っています。開催近くになったら新聞紙上にも載せてPRし、多くの人たちに見ていただこうとはりきっているところです。どうぞみなさんも“ささやき窯楽友”の「第4回生徒作品展」にお越しいただき力作をご覧ください。

 

   開催日   10月11日(金)~14日(月)

   会 場   ささやき窯 ギャラリー楽友

   時 間   10:00~16:00

   入場無料  お茶等の接待も致します。

42_001
42_2




より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト