工房紹介

  • 「ささやき窯 楽友」
    工房を構えて早10年になろうとしています。 大井川流域の木材で建てた工房は、未だに木の香が漂っています。緑輝く芝庭を通り、緑樹の下をくぐってお入りください。母屋に設けた第1ギャラリーとログハウス2回の第2ギャラリーには私の作品を展示し、販売もしています。                                                                                               陶芸教室に通う生徒さんたちのにこやかな笑顔と、楽しげな会話があふれる陶芸工房です。                                                             「体験陶芸」「教室入会者」募集中です。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。    春休み・夏休みなどの長期休暇には、「子供体験陶芸教室」も開講します。

結婚式で両親にプレゼント

  • 結婚式で手作りの器を両親にプレゼントしませんか。 結婚前に二人がする最初の共同作業です。両親への感謝の気持ちがいっぱい詰まった器が出来上がると思います。このブログ内のカテゴリー「結婚式:父母に贈り物を手作りで」をご覧ください。
無料ブログはココログ

カテゴリー「自作品新作」の17件の記事

2014年4月29日 (火)

使っていただいたコーヒーカップ

先の催し、ハンモックカフェで使用してもらったカップの紹介。この催しのために8種のコーヒーカップ40客を制作した。参加したお客さんには好みのカップを選んでもらい、喫茶店主の淹れた美味しいコーヒーをハンモックに揺られながら飲んでもらうという趣向だった。

Dsc_0007_2Dsc_0011

Dsc_0014Dsc_0012

Dsc_0019

Dsc_0015

Dsc_0046

Dsc_0049

Dsc_0051

Dsc_0044

2014年3月 3日 (月)

子育て雛の注文を受け

Dsc05369

Dsc05371  30㎝高の立ち雛の注文を受け、1月半後の2月28日に依頼者にお渡しすることが出来た。

円錐形の胴体に衣をイメージした不定形の三角形の衣を貼付したきわめてシンプルな雛人形である。依頼者はこれと同種(高さが15㎝くらい)の立ち雛を買い求めてくれた際、倍の高さの物も欲しいと作成依頼してくれたのだった。注文条件の一つに、赤子を抱いた女雛にすることとあった。名付けて「子育て雛」とした。

衣の部位には赤や青などで彩色し、肝心の目口を描き、釉薬を施して本焼き。焼成5日後、温度が下がってから取り出し、今度は衣の一部に金箔を貼り付け、女雛の冠と、男雛の尺には白金を塗って再度750度で焼いて定着させた。


Dsc05372 男雛の烏帽子と女雛の冠に開けておいた穴に金や赤の細紐を通して完成である。

台座は家具職人である息子に頼んで作ってもらった。楢の木で出来た台座には柿渋と墨を混合した液を塗ってはこすること数回繰り返し、落ち着いた淡黒色の肌に仕上げた。



完成品を目にした依頼者は、「わー嬉しい。」と顔をほころばせて感激してくれた。その声が製作者として一番の喜びだ。

お孫さんに贈答された「子育て雛」は、きょう、お披露目されたことだろう。Dsc05381

Dsc05373_2

Dsc05376

2014年2月25日 (火)

微笑みを忘れず

この陶人形が好評である。ギャラリーに陳列しておいた彼らはあっという間に他家にもらわれていく。

注文に応じて20体ほど作った「ほのぼのさん」を1230度、21時間焼き、7日後の昨夜窯から出した。箱に入れると、「今晩は、はじめまして。産んでくれてありがとう!」と私に感謝の言葉(?)を口々に述べた。高温で焼かれてもなお微笑みを忘れない彼らだった。

Dsc_0236Dsc_0237

2013年11月24日 (日)

作品 その6

Dsc_0043_2Dsc_0045


Dsc_0050


Dsc_0051Dsc_0052

Dsc_0053Dsc_0054




2013年11月23日 (土)

作品 その5

「ほっと一息空間展」でギャラリーに展示した私の作品(主に 日常使いの器類)を今しばらくご紹介したい。

Dsc_0003Dsc_0004


Dsc_0005Dsc_0007

Dsc_0009Dsc_0011

Dsc_0012Dsc_0014

Dsc_0033_2Dsc_0035

Dsc_0037Dsc_0038


Dsc_0041




2013年11月21日 (木)

展示会を彩った庭 

Dsc_0017


「ほっと一息空間展」を終えて2週間近くになる。今月3日に開催した今展示会のために前日、教室に通う生徒である青野さんが、自宅から切り出した椿、カマツカ(鎌柄)、ロウアガキなどを大きめの壺に活けてくれた。20日以上にもなるのに、8日間の展示会期間中ももちろんのこと、それらはまだ活き活きとして庭を彩っている。青野さんは造園業を営む方だけあって、見事な樹木を育てその中の幾つかを切り取っては毎年持ってきてくれる。感謝に絶えない。

 

壺の背後には100年以上(旧宅で70年、現宅で34年)我家の庭に鎮座し、昨年枯死したカエデの幹を配した。捨てられずに残しておいたその幹は、こうして再び日の目を見た。「これがいいねえ!」と感嘆の声を上げていた訪問客がいたので、きっとカエデ君も嬉しかったに違いない。

写真でご紹介したい。

Dsc_0002

Dsc_0004

Dsc_0045
Dsc_0033
Dsc_0021

Dsc_0023

Dsc_0029

Dsc_0050

Dsc_0054

2013年11月12日 (火)

作品  その4

Dsc_0044
Dsc_0043

Dsc_0045
Dsc_0024Dsc_0047
Dsc_0048




















2013年11月11日 (月)

作品  その3

Dsc_0112
Dsc_0114Dsc_0115
Dsc_0133
Dsc_0135

2013年11月 9日 (土)

作品 その2

                      高さ64㎝、胴回り径42㎝のDsc_0055
                    厚さ2㎝、長さ28㎝、幅9㎝の平皿と小皿Dsc_0057
                    急須セット
Dsc_0060
Dsc_0061
                     飯碗Dsc_0066

                      湯呑碗Dsc_0068
Dsc_0122
Dsc_0123


Dsc_0126












2013年11月 7日 (木)

作品 その1

ささやき窯作品展陳列作品の幾つかをご紹介します。

Dsc_0023
Dsc_0024Dsc_0047

Dsc_0030

Dsc_0033

Dsc_0028

Dsc_0038

Dsc_0041
Dsc_0050
Dsc_0053

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト